Page: 2/4  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
パソコンのトラブル
JUGEMテーマ:コンピュータ
 パソコンって、機嫌良く動いてくれている時は、ありがたい存在ですけど、いったんヘソを曲げると元へ戻すのは何かと大変です。

もちろん、人間が何か特別なことをしたから、パソコンはヘソを曲げるわけです。

新規にソフトをインストールしたとか、たまってしまった不要なファイルを整理したなど、必ず原因があります。

パソコンがトラブルを起こすようになってしまった時には、
何をしたら不具合が出るようになったのかを冷静になって考えてみると、

パソコントラブル解決につながります。
| pasooyazi | 22:53 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
パソコンウィルスよりも怖いクラッカー
 

パソコンウィルスよりももっと危険なことがあるのをご存知でしょうか?


悪意を持って知らず知らずのうちにあなたのパソコンに入り込み、保存してあるデータを盗んだり、かいざんしてしまうクラッカーと呼ばれる人たちがいます。

現在はほとんどのパソコンが光回線やADSLなどの常時接続になっていますから、侵入もしやすい環境です。もちろん、パソコンウィルス対策も重要ですが、より確実なパソコンセキュリティを確保するために総合セキュリティソフトを導入したり、ソフトウェアのアップグレードをきちんと実行してセキュリティホールを防ぐ対策をしましょう。

| pasooyazi | 19:05 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
パソコンを購入するときには
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:コンピュータ
 パソコンをこの正月に思い切って、購入しようかと考えている方も多いのではないでしょうか?

デスクトップにするか、ノート型にするかのパソコンのタイプは、持ち運びするか、設置するスペースが取れるかで決まるとは思いますが、さてタイプが決まってもどの機種がいいのかなかなかわかりにくいこともあります。

パソコンを買う時に押えておくべきいくつかのポイントを考えてみましょう。

特に、始めてパソコンを買う場合には必ずしも高額なパソコンが必要というわけではありませんが、後々のことを考えると、CPUはできるだけ高性能なものを、メモリやHDの容量が大きい機種を、予算の範囲内で購入して下さい。

もちろんすぐに使えるように、例えば、エクセルなどの希望するアプリケーションソフトもプリインストールされている方がいいですね。

インターネットをする場合に、ウィルス対策ソフトはぜひ必要です。

でも、どのパソコンが高性能なのか、よくわからない時には、
乱暴な言い方をすれば、パソコンのカタログなどでスペックを見た時に、数字が大きい方が高性能と考えてほぼ間違いありません。

ただし、ノートパソコンの重量は数字が小さい方が当然いいですよね。

そして、なかなかパソコンが使いこなせないという場合は、パソコン教室の1日講座で集中的に学習してしまうのもありですね。
| pasooyazi | 22:26 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
パソコンメールは2タイプ・・・
パソコンでメールを送る方法に、
ただの文字だけ送るテキスト形式とカラフルな文字やイラストが入ったメールを送付できるHTML形式があることを知った。

テキスト形式は書式が付かないので、
文字色は黒のみで文字サイズも単一なため、情報を送るだけの場合は適している。

しかしイラストや写真は、添付ファイルとして付加する必要がある。

一方、HTMLメールは1枚のホームページを送る感覚。

従って、メール内に背景画像や写真を取り入れることができ、文字色などカラフルな画面を作成でき娯楽性が高まる。

ところが、
無作為に送られてくる広告メールもHTMLでできているのでいわゆるスパムメールとして扱われやすく、HTMLメールを送ったけど、受信トレイに入らないで、ウィルス対策ソフトにより、迷惑メールフォルダにダイレクトに入っていたりして、相手も気付かないで読まれないケースもあるそうだ。

パソコン検定短期合格法
| pasooyazi | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パソコンメールとケータイの違い・・・
パソコンで初めて知人にメールを送ってみた。知人は、パソコンの知識が豊かだから、きっと良いアドバイスがもらえるだろうと私の魂胆が見え見えだが、メールの実地訓練には最高の相手だ。
私の書いたメールの内容は、日ごろお世話になっているお礼とパソコン力をアップするためのサポートに感謝を表し、今後もよろしくとのカンタンな内容。わずか3行ほどのメールだ。

さっそく、知人から返信があった。

その返信メールには、メールの教科書にはほとんど書かれていない指摘があり、あらためて「なるほど・・・」と感心した。

まず、メールは読む側に立って書くこと。
つまり、読みやすさに対する注意だった。

私が書いたメールは、長文がズラーっと書いてあり、もっと短く切って書いた方が読みやすいよという指摘。具体的には、1文を最長でも35文字程度で改行すること。

2つ目は、行間を広く取ること。これは、改行をどんどん入れていく。
3つ目は、文書の最後に署名(名前を書いておく)こと。

私の初めて書いたパソコンメールにも、これだけの知らないことがあったのかと驚いている。確かに知人からの返信メールは、読みやすかった。すぐに活用させていただくことにした。

パソコン情報館
| pasooyazi | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode